地歴公民

『邪馬台国』の場所って近畿説?九州説?それとも…ハ〇イ説?

  1. HOME >
  2. 地歴公民 >

『邪馬台国』の場所って近畿説?九州説?それとも…ハ〇イ説?

『邪馬台国』の場所って近畿説?九州説?それとも…ハ〇イ説?

日本史には未だにミステリーとなっている歴史が沢山あります。

あまり文献が残っていなかったり。

はたまた、文献はあるが異なる内容により複雑になっている。

その中で、専門家たちの間で論争になっている。

確実な歴史的事実を知ることも十分に面白いが私的には未決着で様々な意見を調べたり聞いたりする事もまた魅力があると思う。

その未決着の歴史の中で、今回は「邪馬台国」の位置はどこ?

という論争について説明していこうと思います。

 

 

 

邪馬台国とは

まずは邪馬台国とは何か、簡単に解説します。

2世紀〜3世紀に日本にあった大きな国です。

歴史の授業で必ず習う女帝

「卑弥呼」

が治めていた国なのです。

(NHKで動画を使った簡単な説明が気になればぜひ!⇩)

(NHK for School 中国の歴史書にみる「卑弥呼」)

邪馬台国について日本の中には文献が少しも残っていないため、中国の

『魏志倭人伝』

の資料に残っているものを頼りに日本の邪馬台国が記されています。

そのため

あまり情報がなく本当に存在していたのか、

どこに存在していたのか、

また卑弥呼は実際にいた人物なのか…

と曖昧なままなのです。

これはこれで先程も述べた通り、ミステリーな感じで面白いですよね。

では、邪馬台国の位置はどこにあったのでしょう。

邪馬台国の位置

これに関しては本当に論争が激しく様々な専門家の意見が数多あります。

その中で私が知っている限りの説を紹介したいと思います。

邪馬台国の位置説は…

近畿説(大和説)

九州説

出雲説

四国説

沖縄説

ハワイ説

ジャワ・スマトラ島説

などがあります。

最後の2つなんて、ネタでしょ?って思いますよね?

本当に聞いたことがあるんですよ!

1度調べてみて下さい。

信じるか信じないかはあなた次第!

このように、多くの説があります。

これだけの数の説があれば、専門家の中で激しい論争が起こることは目に見えますね。

では、この中でどの説が有力なのでしょうか?

今回は専門家の中でも有力とされている2つの説について見ていきたいと思います。

近畿説(大和説)

この数多ある説の中で有力な1つは「近畿説(大和説)」です。

まず、何故こんなにも説にバラつきが出てしまっているのか。

それは

魏志倭人伝に記されている内容が非常に曖昧

であるからです。

もう一つの理由としてされている

距離と方角が普通では考えられない値、方向

を示しているからです。

記されている距離と方角で計算すると、日本列島を超えた位置にあることになるのです。

 

そのため、距離を根拠に考えれば有力な可能性があるのが

近畿説(大和説)

なのです。

それ以外の根拠として

魏の銅鏡が多く発見されたり

大和と邪馬が似ている

ことが挙げられています。

また、箸墓古墳には卑弥呼が眠っているという説もあるため

近畿(大和)

の説を信じる専門家が多数います。

しかし、魏志倭人伝に記されている方角が合わず、違うと主張する専門家もいます。

九州説

もう一つの有力とされている説は

九州説

です。

九州説になる大きな根拠は魏志倭人伝に記されている方角が一致しているところにあります。

これは、江戸時代の偉人

新井白石

本居宣長

が初めに主張したとされています。

また、吉野ヶ里遺跡や、福岡にあったとされる伊都(いと)などの

大きな規模の遺跡

があったことも根拠としています。

そのほかにも

鉄製の武器

金印

が出土しており大きな権力が存在していたとするならば、邪馬台国なのではないかと考えられています。

しかし、九州説にも欠点があります。

それは

魏志倭人伝の記しにある距離の計算が合わない

ことです。

このように2つの大きな説

近畿説(大和説)

九州説

が有力候補であります。

まとめ

今回は邪馬台国がどこに存在していたのか説について述べました。

多くの説があるなかで

近畿説(大和説)

九州説

が学者たちの中で予想されている方が多く有力な候補です。

タイトルにあったハワイ説は近年になって話題になっていますが他にもジャワ説等の海外説はかなり面白いです。

海外説をまとめたサイトがあるのでそちらも紹介します

(邪馬台国とは何かー邪馬台国はどこか)

あるサイトでは邪馬台国を追って邪馬台国だけのサイトもあるほどです。

(邪馬台国ー邪馬台国?いいえ近畿は狗奴国です)

それほどまでに邪馬台国の位置については謎に包まれているのです!

どちらになるかで大きく歴史がかわってくることは確かでしょう。

今後、文献資料が見つかり、しっかりした邪馬台国の位置がわかる日がくるのでしょうか?

知りたい気持ちと期待の気持ちと同時にミステリーであるワクワクや自分の根拠を話す楽しさがなくなる寂しさもあります(笑)

このような論争を知ることも、歴史を学ぶ楽しさの1つになるのではないでしょうか!!!

新着記事

-地歴公民

© 2022 Bla Blarning