指定校推薦

指定校推薦を狙う人が行うテストの勉強法とは?

  1. HOME >
  2. 指定校推薦 >

指定校推薦を狙う人が行うテストの勉強法とは?

指定校推薦を狙う人が行うテストの勉強法とは?

指定校推薦を狙う人が定期テストを高得点で乗り切りる為の勉強方法とは一体どのようなものなのでしょうか?

指定校推薦を狙う人にはそのための勉強方法が存在します。

指定校推薦組は定期テストが

であるため定期テストを必死に勉強します。

そんな中において自分なりの定期テストの勉強方法が見つかっていきます。

今回は、指定校推薦を狙う人の定期テスト勉強方を紹介したいと思います。

ひとつの参考として見ていただければと思います。

目次

指定校推薦

指定校推薦組の定期テストの勉強方法を紹介します。

3週間前

まずは指定校推薦組は

定期テストに対する熱量が違います。

指定校推薦組にとって定期テストでの結果は

目指す大学のラインを左右させます。

つまり、定期テストで失敗をすれば命取りになるのです。

そのため定期テスト期間の

3週間前にテスト勉強

を始めて下さい。

えっ、2週間前ぐらいで大丈夫じゃない?

と思う方もいると思います。

実際のことを言うと

3週間前と2週間前の差

はすごく大きいものです。

余裕を持ってテスト勉強に望むことが第1段階です。

1週間前

次は応用問題が対応できるようにするための勉強です。

先に述べた通り定期テスト期間の3週間前からテスト勉強を開始し

余裕を持つことで1週間前には

が出来上がっています。

するとその1週間の余裕で

応用問題に対応できるようにするのです。

テストでの応用問題出題は

100点阻止

予想平均点合わせ

を目的としています。

なので、応用問題を正解することで自ずと高得点に繋がります。

テスト前日

最後はテスト前日の過ごし方です。

それは最後にもう一度、基礎問題を解くのです。

前日に難しい問題に挑戦する必要はありません。

問題が解けなくなり混乱を招く

自信を失う

等の可能性があるからです。

ですので、テスト前日は点数を安定させるためにも

基礎問題を徹底的に解くようにしてください。

また、テスト前最後の土日は一日中を勉強に費やして

テスト科目の全てを復習してください。

この休日をどのように生かすかが

勝負の分かれ目

です。

これらが、指定校推薦を狙う人のテスト勉強の基礎です。

一般入試

では、比較対象である一般入試の方のテスト勉強はどのような方法なのでしょうか?

一般入試組の勉強方法を一言でまとめるならば、

赤点を回避するためのテスト勉強

となるでしょう。

なので、基礎を固める作業となります。

定期テストの1.5週間前ぐらいからテスト勉強を始めますが

ギアはまだまだかからないのが現状でしょう。

一般入試はこのようにダラダラと勉強していき

テストが近づくにつれて、焦りがでてきます。

それを機にエンジンがかかる事が多いです。

まずは2週間前からしっかりと勉強するように心がけるのが大切でしょう。

赤点を回避するのが目的なのですか、基礎問題を取れるように対策しましょう。

指定校推薦組は2週間前〜1週間前には追い込み勉強になりますが、

一般入試はテスト前最後の土日と、テスト前日が追い込み所です。

これが、一般入試のテスト勉強の現状です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

指定校推薦組と一般入試組とでは、定期テストへの熱意に大きな差があるのです。

指定校推薦は3週間前からエンジンをかけて、しっかりと基礎を固める。

そして、1.5週間前ぐらいになるとエンジン全開になり

基礎問題を確実に、応用問題への対応できる

ようにしていって下さい。

指定校推薦で良い大学・目標の大学を狙うためには

用意周到に余裕を持った行動を心がけて下さいね。

今後は、各教科の勉強方法を随時伝えていけたらと考えております。

乞うご期待!!!

指定校推薦に必要な成績について解説している記事もお願いします。

指定校推薦に必要な成績は+0.5以上!?

指定校推薦合格の課題はどんなもの?

<心構え!!!>指定校推薦合格後の課題・テスト・補習の量がすごすぎる!?

新着記事

-指定校推薦

© 2022 Bla Blarning