その他

【大学生必見】落単を当たり前にするな!就活に影響が出る!?

  1. HOME >
  2. その他 >

【大学生必見】落単を当たり前にするな!就活に影響が出る!?

【大学生必見】落単を当たり前にするな!就活に影響が出る!?

大学生である以上

しなければならないことがあります。

それは

卒業単位数を取り切る

ことです。

文系学部・理系学部を問わず

大学生である以上は

卒業要件である単位数を

取得しなければなりません。

しかし、1年生からの積み重ねの

単位取得ができていなければ

大学卒業どころか

3年生後半から始まる就活にも

影響を及ぼすかもしれません。

では、どうしてそのような

事態に陥る可能性があるのかを

詳しく見ていきたいと思います。

単位の仕組み

単位とは

四年生大学の学生が4年間で

必要とされる卒業単位数は

文部科学省で

124単位

と定められています。

(文部科学省 大学設置基準)

ここから教員になる学生は教育課程の講義を

受ける必要があったり

司法書士になるためにさらに単位を取得

しなければならない

学生もいるようです。

中には160単位、180単位もの単位を

取得する学生もいるようです。

3年生の前学期で取り切る

大学の講義は自分自身で選択するのですが

1年間に前学期と後学期の2回

その機会が与えられます。

大抵の大学はその学期1つで

20単位

ほど取得が可能です。

その学期間に選択した講義の単位を全てを

取り切れば俗にいう

フル

になります。

単位を落とさずに単位取得をしていくと

3年生の前学期を終えた時点で

100単位

取れていることになります。

上記で述べた4年間124単位を考慮すると

3年生前学期を終えた時点で

残りの単位が約24単位となります。

そのほとんどは必修科目のものが多く

残りの3学期間(3年生後学期・4年生の1年間)で

少しずつ取得していくことになります。

ここで3年生の前学期に単位を取り切る

大きな理由である

が存在します。

詳しいことは別の機会にしますが

就活は3年生の後学期をメインとして

始まってしまいます。

そのため、3年生の前学期で約100単位ほど

取れていなければ単位を取るために

3年生の後学期と4年生の1年間の間も

授業に出席する必要が発生してしまいます。

ですので3年生の前学期までに

目安100単位

を目標にして

単位取得する必要があります。

落単について

評価の方法

そもそも単位はどのようにして

認定されるのでしょうか?

日本の大学のほとんどでは

成績の評価方法として

GPA 「Grade Point Average」制度

を導入しています。 

元々欧米の大学で導入されており

日本でも2000年代から導入する大学が

増えてきました。

GPA制度の評価方法は

以下のようになります。

単位は評価「可/C」から認定されます。

つまり「不可/DまたはF」

落単

ということになります。

講義によって割合は異なり

最終テストの結果が100%のものや

レポート点が50%の講義もあります。

中には出席点が10%の講義もあれば

かたや50%の講義もあります。

評価方法は各大学のシラバスに

表記されているので

シラバスをしっかりと確認して

履修登録する必要があります。

出席不足

落単理由の一つとして挙げられるのは

出席不足です。

ほとんどの講義の中には平常点というものが

課されています。

平常点の割合は講義によってバラバラですが

真面目に授業に出席していれば

ほぼ満点もらえるとても簡単な

点数の稼ぎ方です。

平常点の種類としては

  • 出席点
  • 授業中に課される課題を提出する
  • 授業中の発言

など様々なものがあります。

ですが、講義に出席をしないと

授業の内容が分からず

テストの点数が取れなかったり、

平常点を稼ぐことができません。

友人に出席の名前を書いてもらったり

課題を写させてもらう学生もいますが

それらの不正行為を行ってしまうと

その学期の全ての講義の単位を

不認定とされる可能性もあります。

テストの点数が悪い

テストの点数は成績の割合が大きいため

成績評価に大きな影響を及ぼします。

平常点がどれだけ高くても

テストが0点だと

落単になることもあります。

逆にいえばテストが満点であれば

他は何もせずにして

単位取得が可能とも言えますが

そんなリスクの高いことは

する必要がありません。

前もってテスト勉強をすれば

そこまで悪い点数を取ることはないでしょう

学部によっては1か月前から

真面目にテスト勉強を行っても

最低ラインぎりぎりの点数しか取れない

という噂も聞いたことがあります。

レポートで失敗

テストの代わりになることが多いのは

レポートと言われています。

コロナ禍の大学ではオンライン講義が多く

それらの講義の評価方法として

レポートという方法を採用している

学校が多いようです。

レポートには気を付けること

多く存在します。

  • 剽窃になっていないか
  • 講義で指定された文字数に達しているか
  • コピー&ペーストをしない

メモ

剽窃とは他人が書いた本や小説などの著作物から文章や語句を抜き取り自作の中で自分のものとして使用することである。

当たり前のようなものもあれば

気づかぬうちに評価対象外に

なっていることもあります。

友人とお互いのレポートをチェックしたり

書き終えた後にもう一度レポートを

読み返して修正すべき点がないか

評価対象外になっていないか

など確認することをお勧めします。

まとめ

大学生である以上避けることが

できないのが単位取得です。

落単をして卒業ができない

ということ避けるためにも

真面目に授業に出席し

テスト勉強するを必要があることが

分かったと思います。

今後の大学生活で

今回で知った情報を少しでも

役立ててください!

おススメの関連記事はこちら⇩

参考【意外と知らない??】理系大学生が解説『理学部と工学部の違い』とは

こんな方におすすめ 理系受験生でまだ行きたい学校が決まってない方 なにを勉強するのか迷っている方 理学部と工学部ってどういう違いがあるのだろう。。。。 きっと、大学受験をした人はそう思ったことがあるで ...

続きを見る

参考<大学の授業について>意外と知られていない!学生は授業中に何をしているのか?

<大学の授業について>意外と知られていない!学生は授業中に何をしているのか? 目次

続きを見る

参考コロナ禍の大学生が行っている授業の中身を大公開!

コロナ禍の大学生が行っている授業の中身を大公開! どうもこんにちは! 今日の社会はコロナに脅かされ 恐怖の渦に巻き込まれてます 日本では、緊急事態宣言を発令に 伴い、様々な影響が出ています 観光、宿泊 ...

続きを見る

参考勉強時の姿勢は『集中力』を大きく左右する!?  

勉強時の姿勢は『集中力』を大きく左右する!?   こんにちは みなさんは授業中や自主学習の際などに姿勢を意識したことはありますか? 小学生の頃は、「姿勢を正しましょう。」と周囲の人によく言われたと思う ...

続きを見る

新着記事

-その他

© 2022 Bla Blarning