アンケート

<母校について>【現役受験生必見】大学生が教える現役受験生しか使えない受験テクニック!!

  1. HOME >
  2. アンケート >

<母校について>【現役受験生必見】大学生が教える現役受験生しか使えない受験テクニック!!


<母校について>【現役受験生必見】大学生が教える現役受験生しか使えない受験テクニック!!

 

今回は母校について 受験編です!

他の母校についてはこちら⇩

母校について 行事編 母校について 理由編

大学生の皆さんは受験と言うものを経験してきたと思います

その中でも受験勉強と言うものは高校の授業中などで行います

しかし、中には受験と言うものをほとんど視野に入れていない高校もあります

それはどのような高校かというと年間受験生が3.4人しかいない、つまり、はっきり言ってしまうと偏差値が低い高校です

そんな受験と高校に関することについて質問していこうと思います!

では見ていきましょう!!

 

質問1:受験の意識について

冒頭でも述べたように高校では受験という言葉に意識させられがちです

では、どのくらいの割合で周りの環境から「受験」を意識させらるのでしょうか?

なんと33.3%が周りから「受験」を意識させられるのです

ではその他の66.7%はどのようにして「受験」を意識するのでしょうか?

この答えはいくつかあると思うのですが、理想の意識の仕方の1つは自分自身での気づきです

高校受験をするときに中学生の中にはやりたいことが決まっていてそのためには大学受験を行わなければならない というように自分自身で先を見据え行動することができる方がいます

このように、何かをするうえでしなければならないのが「受験」というように自分で考えをもって行動できる方が残りの約66.7%に含まれるのだと思います

質問2:授業内容について

では、高校の授業内容はどのようなものだったのでしょうか?

「1日の授業で受験を意識した授業はどれぐらいありましたか?」という質問をしたところ以下の結果になりました⇩

33.3%の割合で授業は受験を意識したものであったということが分かりました

1日の授業で約3割しか受験を意識した授業がないわけです

受験勉強を本格的に行う時期になる高校3年生でこのような時間割で1日を過ごしてしまうと時間の無駄使いとも言えますよね

しかし、少し話を聞いてみると私立文系の受験生は理系科目の授業中は先生によって後ろの席に行くのであれば受験勉強をしていても良い授業もあるそうです

これは進学校になるほど多い光景になるそうです

まとめ

いかがでしたでしょうか?

現役受験生の平日の大半は高校で過ごします

そんな状況の中、受験生は1年多く、そして1日中勉強している浪人生と同じフィールドで戦わなければならないのです

今後の現役受験生が悩むはずの1日の過ごし方、またどのようにして時間をうまく使うか等に上手く有効活用をしていただけたら幸いです!

最後までご覧いただきありがとうございました!!

新着記事

-アンケート
-, ,

© 2021 Bla Blarning