アンケート

<高校の模試について>実はそれ間違っています 本当の模試の使い方とは〇〇!

  1. HOME >
  2. アンケート >

<高校の模試について>実はそれ間違っています 本当の模試の使い方とは〇〇!


<高校の模試について>実はそれ間違っています 本当の模試の使い方とは〇〇!

 

今回は高校の模試について 模試の結果編です!

今までの高校の模試について⇩

高校の模試について 模試の種類編 高校の模試について 模試の落とし穴編

模試を受けて数日は「うわーやらかしたなぁ~」「早く返って来ないかな」など人それぞれ思うことはあると思います

そんな模試ですが皆さんは模試の使い方をどのようなものだと考えていますか?

そして気になる模試の結果から受験生はどのようなことを思うのかなどリアルな声をお届けします!

では見ていきましょう!!

質問1:結果が受験生に与える影響力について

先ほども述べましたが模試の結果と言うものはやはり気になってしまうのではないでしょうか?

「ライバルより成績が低い」「判定が良くない」 等々のネガティブなことを考えてしまうことも多々あると思います

これについての以下のような質問をしました。下を見てください⇩

この結果、模試の結果から気に病む人は42.9%もいることが分かりました。ですが逆に57.1%の人は気にしないということです

意外にポジティブな思考を持つ人がいるということもわかります

 

質問2:模試の使い方について

それではここからは今回のメインになる模試の使い方を話していきたいと思います

これについては実際にコメントをいただいているので1件ごとに見ていきましょう!

 

男の子1
自分が間違えた問題を解き直し、自分の苦手分野を見つけ復習する

確かにそうだと思います。模試には解答解説がついており自分で間違えたところを復習することが可能です

また、受ける模試によってはどこの範囲が自分にとって弱点を教えてくれるものもあるのでこれから何を重点的に勉強していくかを知ることができます

 

女の子1
他の受験生との差、志望校までの距離を知る

これも1つの使い方だと思います。自分が今どこにいるのかという位置確認をするのに模試との相性はとても良いです

それらを知ることで今後の勉強のモチベーション上げにもなったり勉強ペースの調整も行えます

 

男の子2
偏差値を知るのに使う

これに関しては上記と同じような気もしますが自分が前回と比べてどれだけ成績を上げることができたのか?などを知る使い方としては合っていると思います

 

質問3:偏差値の伸び率が一番大きかった教科について

受験には様々な教科があり、大学入学共通テストで考えると出題科目は6教科30科目で、受験者は最大で8科目(理科の一部を選択の場合9科目)を受験する必要があります

(参考:明光義塾 大学受験にはどんな科目がある?受験科目の種類や選び方を解説)

その中でもアンケートを答えていただいた方が一番偏差値を伸ばした教科は英語です

ではどのくらい伸びたのでしょうか?

 

4552

3955

4462.   3

4970.5

 

かなり伸びていますよね!

暗記科目などの社会科目のほうが伸びそうなイメージがありますが結果のように伸びが大きのは英語でした

しかし英語以外の教科にもこたえていただいたものはあるので紹介していきたいと思います

数学

5172

世界史

4970

これも凄い伸びかたですよね。

しかしこれらの結果は本人たちが努力し続けた結果ですので、受験生の皆さんも上記のような成績が取れるように頑張ってください!

 

質問4:第1志望の判定伸び率について

最後になりましたが受験をするうえで本人たちは志望校と言うものを決定します。その中にも第1志望や第2志望など志望先には優先順位が存在します

そんな志望校についてですが、模試で第1志望の判定はどのように推移するのでしょうか?

最も多かったのは E➡D でした。次いで E➡C その後は E➡E E➡A E➡A の順番でした

これらからわかることはE判定から一番上のA判定にあげることは難しいのですが、頑張り続ければ上がる確率は高くなっていくということです

ですが1で述べたように模試の結果が気にならない人は5割強もいます

ですので気を落としたり、ネガティブな気持ちになったりせず最後まで前をむいて走り抜けてください!!

そうすれば模試の判定というものは必然と良くなっていきます

いかがでしたでしょうか

今回は高校の模試について 模試の結果編でしたが皆様のためになるようなポイントはありましたか?

私自身模試の結果については毎回勉強のモチベーションを下げさせられていました(笑)

このように今後も皆さんにアンケートの結果からわかることを提供していけたらと考えています

次回のアンケート記事もお楽しみに~!

 

新着記事

-アンケート

© 2021 Bla Blarning