英語

イメージをつかもう! 乗り物に「乗る」の英語表現の使い分け

  1. HOME >
  2. 英語 >

イメージをつかもう! 乗り物に「乗る」の英語表現の使い分け

イメージをつかもう! 乗り物に「乗る」の英語表現の使い分け

こんにちは!

あなたは ”take” と ""get on " の使い分けが分かりますか?

一見、同じように見えると思いますが、実は明確な違いがあります!!

今回は「~に乗る」の英語表現の違いをまとめてみました。

それではいきましょう

 

 

1.takeの使い方

 take ⇒ 乗り物を移動手段として利用するイメージ

takeは「(乗り物など)に乗る、~を利用する」という意味があります。

そのため、学校や会社などの目的地への移動手段として、交通機関(電車・バス・タクシーなど)が使われることが多いです。

 

例文

 I take the bus to school every day.  (私は毎日バスで学校に行きます。)

 

 

2.rideの使い方

 ride ⇒ 乗り物にまたがって乗るイメージ

rideは「(乗り物・馬など)に乗る、乗っていく」という意味があります。

そのため、馬や自転車、オートバイなどのまたがって乗る乗り物に使われることが多いです。

 

例文

 He rode his bike to the park.     (彼は公園まで自転車に乗っていった。)

 

 

3.driveの使い方

 drive ⇒ 運転手として車に乗るイメージ

driveは「(車など)を運転する、(人)を車で送る」という意味があります。

この意味から、自分が運転手として車に乗っていることがわかると思います。

 

例文

 Can you drive a car?       (あなたは車の運転ができますか?)

Would you please drive me home?      (家まで送っていただけませんか?)

 

4.getの使い方

 get⇒ 動いていないものをかまえて乗るイメージ

getは「(動いていないもの)を捕まえる、(電車など)に乗る」という意味があります。

 

例文

 I will get a taxi here.                   (私はここでタクシーに乗ります。)

*このタクシーは停車していることを表します。


また、 get を用いた「乗る」の表現には、get in と get on があります。これらは「乗り込む」という動作を表します。

この2つの違いは ”乗り物の大きさ” にあります。

get in   ー 小さな乗り物(乗用車・タクシーなど)に乗りこむ

get on  ー 大きな乗り物(列車・バス・飛行機など)に乗りこむ

 

5.catchの使い方

 catch⇒ 動いているものをつかまえて乗るイメージ

catchは「(動いているもの)を捕まえる、~に間に合う」という意味があります。

get と意味が似ていますが、catchは「動いているもの」を捕まえるため、タクシーを拾うシーンが想像しやすいと思います。

 

例文

 Where can I catch a taxi?               (タクシーはどこで捕まえられますか?)

 I couldn't catch the bus.      (私はそのバスに間に合わなかった。)

 

6.boardの使い方

 board⇒ 大きな乗り物に乗り込むイメージ

boardは「(船・飛行機など)に乗り込む」という意味があります

この意味から、船や飛行機など大きな乗り物に乗るときに使われることがわかると思います。

 

「get on 」が日常会話でよく使われるのに対し、「board」は少し堅い表現になっています。

 

例文

 I will board the ship for America.   (私はアメリカ行きの船に乗ります。)

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

乗り物に「乗る」という英語表現の豊富さとそれぞれの意味の違いがわかったと思います。

英語には似たような意味をもつ表現がこの他にもたくさんあるので、もし、違いが分からなくなった時は単語の意味や意義を調べてみてくださいね。

 

新着記事

-英語
-

© 2021 Bla Blarning