その他

【新高3生必見】高校3年生の過ごし方と注意点

  1. HOME >
  2. その他 >

【新高3生必見】高校3年生の過ごし方と注意点

高校生活最後の学年と同時に、受験を迎える学年でもある高校3年生。

最後の学年を最大に楽しみたい!!!だけど、勉強もある程度楽しみたい!!という複雑な気持ちの人も多いでしょう。

実際、私達も多くのそんな受験生を見てきましたし、自分自身でそんな気持ちも経験してきました。そして、悔いなく過ごしてる人達も多くみてきました。

そのため、今回はそんな経験から語られる、高校3年生を悔いなく過ごす方法と注意点を書いていきたいと思います!!

高3生はもちろん、受験を見据えている高2、高1の方達も是非こちらを読んで高校生活を有意義に過ごして下さい。

 

 

1.高3ですること

まず初めに高3で一般的にすることを見ていきましょう。

学校行事で行なうことと、自分で行なうことの2つに分けてみていくと、

高3で行なうこと

【学校行事:大会 文化祭 体育祭 卒業式】【自分ですること:進路決定 進路実現】

学校行事

高3の学校行事は今までとは全然違ったものになります。大学でも似たようなものはありますが、あの気持ちというものは二度と取り戻せません。そのため、例年よりもさらに気合いが入る人が多くなり、イベントを盛り上げようとする人は増えます。そこで、なぜか自分はそういうのはいいからみたいな感じで尖った見方をする人がいますが、

せっかくの最後の学校行事なのだから絶対に楽しむべきです!!

 

自分ですること

高3では数多くの意志決定をしなければならない状況が訪れます。卒業後に、どうするのか。

就職するのか、受験するのか。また、就職や受験をするにしてもどこに行くのか、そこに行くためになにをしなければならないのか。そもそも自分はなにをしたいのかなど、自分自身に問いかけ答えのないものを追わなければならないことが増えます。

高3ではそれらを自分でおこなわなければなりません。そしてその判断が将来に繋がります。しっかりと責任感をもって行動しなければならなくなるでしょう。

 

 

2.高3ですべきこと

高3ですることを踏まえて、高校生活をより良く終わらすためにすべきことを考えていきましょう。

すべきことは5つあります。

1.イベントを全力で楽しむ 2.何事も後回しにしない 3.計画を立てる 4.メリハリをつける 5.多くの人と話す

1.イベントを全力で楽しむ

先ほど述べたのですが、高校生活最後のイベントは全力で楽しむべきです。でないと必ずと言っていいほど後悔します。

イベントが終わった冬頃を耐えるために体力を貯めるのではなく、逆に思いっきり体力を使いましょう!!!

詳しくは以下を参考にしてください。

進学校の生徒あるある

2.なにごとも後回しにしない

高3は多くの意志決定をしなければならないと先ほど述べました。

意志決定をしなければならない状況というのは、突然訪れます。

前もって準備もなにもできません。

 

そのため、なにごとも後回しにせず早めに準備し、備えることほど重要なことはないのです。いざその状況を迎えたときに準備ができていないと後悔しないように。。。

 

3.計画を立てる

2の後回しにしないことに通じますが、計画を立てることをまず高3に入ったらしましょう。計画を立てること自体を後回しにし、行き当たりばったりで物事を進めないようにしましょう。

進路実現のために必要なことを逆算し、計画を立てましょう

 

計画を立てることにより、休むタイミングと頑張るタイミングの見極めができて、時間に余裕ができますよ。

計画を立てたら、早めに実行することもそれと同じくらい重要です。

 

私は、志望する大学について早めに検討をつけ、早めに受験勉強を取り組むという計画を立てたため、スムーズに勉強が進み余裕をもって受験勉強に取り組めました。多くの人がしてないときにすることが最も効率良く周りとアドバンテージをつけられる方法です。

下記より、受験勉強を始めるべきタイミングを見れますので参考にして下さい!!

受験勉強を始めるのは高2の6月がベスト説

 

4.メリハリをつける

高3は楽しいことと辛いこと両方あります。

いつまでも楽しいことばかりをしていて、辛いことに目を背けていてはダメです。おいおいになってその仇は自分に返ってきます。

 

思いっきり楽しんだ後は、180°心を切り替えて目の前の辛いことに集中する。

目の前の辛いことに集中した後も、180°心を入れ替え思いっきり楽しむ。

 

この繰り替えしで、過ごすと両立でき実のある生活を過ごせると思います。

※思いっきり楽しむことにより180°切り替えられます。逆に中途半端だと、それを引きずり切り替えがうまくできなくなってしまいます。

切り替えの重要性についてはこちらが参考になります!

メリハリの重要性

 

 

5.多くの人と話す

恐らく多くの人はこれまでの文を読んで不安に感じられたと思います。

計画を立てられるのか、進路を叶えられるのか、意志決定をできるのか。などなど今までにしたことのないことをしないといけなくなるので不安になるのは当然です。

でも、大丈夫。

多くの先輩達もそんな道を通ってきました。そんな悩みを抱えているのはあなただけではありません。

自分の周りを見て下さい。同じ悩みを持った人は沢山います。克服した人もいます。

悩んだときこそ、自分の周りをみて多くの人と話し、不安を共有したり、自分の知らない考えを学び、多くの価値観を知りましょう。

そのような経験は必ず将来役に立ちます

多くの人と話し、参考となる意見を沢山聞きましょう。

3.注意すべき事

今まで、高校生活を豊かにするためにすべきことを書いてきました。

その上で注意すべき事があります。

それは、正解は1つではないと言うことです。

一度決めたことは迷わず、進み続けることは大事ですが、うまくいかなかった時に違う選択肢を試すこと。そして、違う道もあることを理解する事です。

人は視野が狭くなってしまうと、どうもうまく生きられなくなるようなので、視野は広く持ちましょう

 

また、他人と比較すべきことではないことにも注意しましょう。

どうしても、進路などは勝負の世界なので、途中で他人と自分を比較しがちですが、他人は他人です。

目標までの道のりは人によって違うので、例え相手の方が先に進んでいるように見えても、自分は落ち着いて自分のペースで進むべきです。

 

 

4.まとめ

高校生活を悔いなく締めくくるための方法を見てきました。

高3は人生にとって一度きりの年であるにも関わらず、多くの重要な判断をしなければならないことが出てきます。

また、学校も楽しいことが沢山あります。

テスト勉強受験勉強もしなければなりません。

それらをしっかりと両立できるように最後の高校生活を頑張っていきましょう。

 

 

私達は、いつでも受験生の味方です。

 

お勧め記事

指定校推薦による大学選びとは

指定校推薦による大学選びとは みなさんこんにちは! 今回は何を基準に指定校推薦で大学を選べばよいのか私なりの意見を述べさせてもらおうと思います。 よろしくお願いします。 目次  指定校推薦のおさらい ...

続きを見る

指定校推薦必見!  定期テストの重要なポイント 

指定校推薦必見!  定期テストの重要なポイント   どうも、こんにちは! この記事では、偏差値50の公立高校から 同志社大学に推薦で入学した   経験や感じた事を伝えたいと思ってい ...

続きを見る

新着記事

-その他

© 2021 Bla Blarning