大学の特徴

関西大学のここがすごい!!ここがだめ。。。

  1. HOME >
  2. 大学の特徴 >

関西大学のここがすごい!!ここがだめ。。。

関西の難関私立大学の1つである関西大学
毎年多くの受験生が受験します

 

メモ

関西大学は、大阪の吹田市に本部を置く私立大学です。
交通の便は良く、駅近であることも特徴です。
高槻や千里山、堺、梅田などにキャンパスをもち、各キャンパス間の行き来もしやすいです。

建学の精神は『正義を権力より護れ
関西大学は、関西初の法律大学として1886年誕生しました。
「学の実化(じつげ)」を提唱し、学理と実際との調和を実現しながら地域社会、産業社会の発展に貢献し続けた伝統は、今も脈々と受け継がれています。
関西大学では、「学理と実際との調和」を学是に、理論(授業)で学んだことをフィールドワークなどで体験的に吸収し、実社会で活きる知識や技術に高めていく教育が特色です。幅広い教養と専門領域の知識をしっかりと身に付けることを全学で行っています。

 

他の関関同立とくらべ「自ら考え、行動すること」を推している関西大学
そのすごいところとだめだと思うところをまとめてみました!!

(完全に、筆者の独断と偏見で書いています。ご容赦下さい)

関西大学についての他の記事はこちらから!!

コチラから

ここがすごい!!

多様な学部を擁する総合大学

関西大学は、約3万の学生が在籍しており、13学部15研究科から構成されます。

 

文学部や法学部、経済学部などの定番学部はもちろんのこと、

社会安全学部や総合情報学部などの珍しい学部もあります。

【関西大学の学部についてはこちらから→組織図|概要紹介|関西大学について|関西大学

 

多種多様な学部や、珍しい学部の人と過ごすことにより刺激的な生活を過ごせるようになります。

【引用元→→組織図|概要紹介|関西大学について|関西大学

 

 

学生主体を基礎としたカリキュラム

実社会で活躍できる人材を育成するために、関西大学は『孝道力』を意識したカリキュラムを作成しています。

 

一人ひとりの学生が興味や関心に向かって積極的に学び、社会で実践することができるように、関西大学は教育の進化をめざした改革に取り組んでいます。自ら考え行動する力「考動力」を獲得するには、学生の主体的な学習が欠かせません。

その第一歩として、初年次学生向けに共通教養科目「スタディスキルゼミ」を開講しています。少人数のゼミ形式で、情報の探し方やレポート作成の方法、プレゼンテーションスキルなどを身につけることができます。共通教養科目には他に学部横断型の科目を多数配置しており、社会で活躍するために必要な、広い視野と能力を身につけることができます。そして、自身が修得すべき専門科目へとスムーズに移行できるように基礎科目も配置されており、体系的なプログラムとなっています。

【引用元→関西大学|大学ポートレート

  • 教育内容の体系化とその充実
  • アクティブラーニング
  • 初年次教育

の主な3つの取り組みにより、関西大学の学生は自ら考えて行動する力「孝道力」を身につけます。

AIの登場などにより思考力、思考力と騒がれている今、とても重要なことを学ばせてくれる大学だと思います。

 

 

産官学連携

さまざまな分野においての研究施設を擁する関西大学は、地域が抱える問題や挑戦したいテーマを集約し、それらを研究に活かしています。

 

より実践的な内容を学習できる学生と新たな視点を求む地域社会が結びあう連携により、社会をよりよくしようと考えています。

 

  • 産官学連携
  • 地域連携
  • 多様な研究内容

関西大学の研究力はこの3点に焦点を合わせ、日々研究に励んでいます。

 

 

綺麗な校舎

関西大学が擁する

  • 千里山キャンパス
  • 高槻キャンパス
  • 高槻ミューズキャンパス
  • 堺キャンパス

の4つのキャンパスにそれぞれ学部が設置されています。

どのキャンパスも独自のコンセプトを元に立てられています。

千里山キャンパス

高槻キャンパス

高槻ミューズキャンパスマップ

堺キャンパス

関西大学ホームページより引用】

以下では各キャンパスについて紹介していきます。

 

千里山キャンパス

関西大学の本拠地である千里山

千里山学舎設立以来、設備点検などを繰り返し教育理念に沿った学術振興の拠点として空間として発展していきました。

広大な土地を活かして、創造性と自由な精神を育みます。

・千里山キャンパスの特徴

つややかな緑につつまれた総面積35万m²の広大な敷地。
自由闊達な気風を育む豊かな土壌

  1. 総面積35万㎡におよぶ広大な教育・研究空間
  2. 千里山の丘陵地に広がる豊かな緑にあふれた立地
  3. 学生が学習・研究に、課外活動に、みずからの可能性をかけて取り組む活気にあふれたキャンパス

 

高槻キャンパス

総合情報学部、研究科がある高槻キャンパスは、京都と大阪の間に位置しています

 

マルチメディア時代を先駆ける最先端の情報機器を備えたインテリジェント空間は、次世代を担う人材の教育・研究拠点となっています。

 

また、セミナーハウスの「高岳館」や通年型の「関西大学 たかつき アイスアリーナ」があります。

 

・高槻キャンパスの特徴

マルチメディア時代を先駆ける
高次情報機能が完備された次世代教育拠点

  1. マルチメディア時代を先駆ける最先端の情報機器を備えたインテリジェント空間
  2. 全学的施設としてセミナーハウス「高岳館」
  3. 日本の大学として初めて整備された通年型の「関西大学 たかつき アイスアリーナ」

 

 

高槻ミューズキャンパス

JR高槻駅前に2010年設立された高槻ミューズキャンパスには、社会安全学部および大学院社会安全研究科また、関西大学高等部・中等部・初等部があります。

 

同一のキャンパスの中で、特色ある教育を展開しています。

・高槻ミューズキャンパスの特徴

駅前という絶好のロケーションを活かし、
安全・安心なまちづくりに寄与する社会貢献型都市キャンパス

  1. 同一キャンパスの中で特色ある教育を展開
  2. 施設に防災機能を備え、災害時の緊急避難場所としてその役割を果たす
  3. 生涯学習の拠点となるよう「社会貢献型都市キャンパス」を目指す

 

堺キャンパス

堺キャンパスは、関西における拠点都市であり、政令指定都市でもある大阪府堺市に位置しています。
堺キャンパスでは、人間健康学部、研究科があります。

 

「スポーツ」「福祉」をキーワードに、人間の健康を探究する人間健康学部では、地域住民が健康で豊かな生活を享受できるよう、堺市をはじめとする地方自治体との支援・連携事業を通じた積極的な地域貢献も実践しています。

 

・堺キャンパスの特徴

堺市との強力な連携をもとに、学生と市民が交流する
地域貢献の拠点となるキャンパス

  1. 地域貢献や産官学連携等を推進するための教育研究環境
  2. 学校教育のシステムの中で体験学習を教育の手法として活用するための「体験学習エリア」
  3. わが国初の機関で笑いとユーモアについて科学的に研究する「ユーモア科学測定室」

 

それぞれ、関西大学のホームページ参照

 

グローバルに開かれた大学

関西大学は、豊かな国際感覚が身につく教育環境の実現をめざして、また、世界のさまざまな国の留学生が日本で学ぶ時の最適な舞台となるように国際化を進めています。

 

その取り組みの一環として、2012年南千里国際プラザを設置

留学生が関大生と共に過ごし、日本についての理解と学びを深めています。

南千里国際プラザについてはコチラ

南千里国際プラザ

南千里国際プラザ
南千里国際プラザ

 

 

また、「次世代グローバルリーダー」育成に向け国際化教育プログラムを開設し世界へ羽ばたくカリキュラムを設置している。

 


以上が関西大学のここがすごい!!でした

大阪にさまざまなキャンパスがあることを活かし、それぞれが地域と連携した特色のあるプログラムを実施しています。

また、主体性、国際化を進めることにより現代でも活躍できる人材を育成しています。

 

 

次は、そんな関西大学のここがだめだと言う点です。
正直いうと、あまりないのですが、強いて言うならと言う感じです。

 

ここがだめ。。。

学費が高い

関西大学は私立大学であるため、学費は高いです。

 

文系学部は約110万円

理系学部は約150万円

といったぐらいでしょうか。

 

関西大学も立命館大学と同様に奨学金制度が豊富なので、そこに応募してみるのも1つかもしれません。

 

↓立命館大学についてくわしくはこちらから↓

詳しくはコチラ

 

↓関西大学に学費についてくわしくはこちらから↓

詳しくはコチラ

 

 

講師の振り幅が大きい

学生数が多いと、当然ながら講師の数も多くなります。

そのため、同じ講座をとっても先生が違うという場合も往々にしてあります。

先輩にこの講座はよかったよと聞き、実際に受けてみたら先生が違うためにぜんぜんだったと言う場合もよくあります。

 

特に、理系の場合だと先生によって解く問題が違っていたりする範囲がちがったりとすることもあり、当たり外れがとても後々に響いてきます。

ひどい場合だと、単位取得率が半分以下の時も。。。。

 

現実問題、すべての講師が良いと言うことは無理なのですが、

それでも、もう少し改善して欲しいなという思いはあります。

 

キャンパスが大阪しかない

関西大学は、キャンパスを大阪にしか持たないためキャンパス間の移動は楽なのですが
関西大学に通うとすると必ず、大阪に行かないと行けません。

そのため、大阪から遠い人は自然と下宿をすることになります。

 

また、違う府や県にキャンパスがあると
行動範囲が広くなり、ちょっととくした気分になります。。笑

対したメリットもデメリットもありませんが。。。

 


以上が関西大学のここがだめ。。。でした

私立大学であるがゆえに、学費は高め

学生の数が多いであるがゆえに、講師の質はまちまち

いろんなメリットがある分、デメリットは当然出てきてしまうのでしょう

 

まとめ

今回は、関西大学のここがすごい!!ここがだめ。。

をまとめました。

 

立命館大学には多数の良いところがありますが、その反面悪いとこともございます。

それでも、十分に通う価値のある大学だと思いますので

主体的に大学は動きたいという方は、ぜひ立命館大学を受験ください!!


他大学に関する記事はこちらから

関西学院大学のここがすごい!!ここがだめ。。。

関関同立の一角である 関西学院 毎年多くの受験生が受験します   メモ 関西学院大学は、西宮に本部を置く私立大学です。 自然に囲まれて、キャンパスが綺麗なことも特徴です。 神戸、西宮、梅田、 ...

続きを見る

立命館大学のここがすごい!ここがだめ。。。

関西の難関私立大学の1つである立命館大学 毎年多くの受験生が受験します   メモ 立命館大学は、京都の中京区に本部を置く私立大学です。 京都にあるだけに、大学の近くには金閣寺や、学問の神様、 ...

続きを見る

【受験生必見】同志社大学の良い・悪い特徴を1つ1つまとめてみた

関西のトップ私立大学 同志社大学 毎年多くの受験生が受験します   メモ 同志社大学は、京都の今出川に本部を置く私立大学です。 交通の便は良く、駅近であることも特徴です。 今出川、京田辺にキ ...

続きを見る

新着記事

-大学の特徴
-,

© 2021 Bla Blarning