英語

「go」「come」の意外な使い方 ~実は第2文型(SVC)を取る!?~

  1. HOME >
  2. 英語 >

「go」「come」の意外な使い方 ~実は第2文型(SVC)を取る!?~

「go」「come」の意外な使い方 ~実は第2文型(SVC)を取る!?~

 

こんにちは

英語読解、英作文を向上させる上で、文型を理解することは必要不可欠なことになってきます。

みなさんは第2文型で、be動詞などの動詞が使われることを覚えていると思います。

しかし、それらの動詞以外にも実は意外なある動詞も第2文型をとることができるのです!!

今回は第2文型(SVC)とは何かを振り返った後、第2文型をとることができる意外な動詞について触れていきたいと思います。

 

 

1.第2文型とは

第2文型とは、SVC(主語+動詞+補語)の文のことです。

補語は主語がどのようなものかを説明するもので、形容詞・名詞が使われます。

この文型は「S=C」の関係が成り立つことが特徴です。

 He is a doctor.          (彼は医者です。)

2.第2文型を取る動詞

第2文型を取る動詞は

be動詞(be,am,is,are,was,were)、

remain(~のままでいる)、become(~になる)、look(~に見える)、sound(~に聞こえる)などが挙げられます。

 

そのほかに自動詞(後ろに名詞を必要としない動詞)として使われることが多い

「go」や「come」も実は第2文型を取ることができるのです!

go(~になる)、 come(~になる)という意味で使われます。

 

3.「go」と「come」の違い

先程、「go」と「come」が第2文型で使われる場合に、

2つの動詞は両方とも「~になる」を意味すると説明しました。

しかし、この2つの動詞にも違いはあります。

それでは、その違いを見ていきましょう。

 

go   ➝ (悪い状態)になる

come ➝ (良い状態)になる

 

・go bad(腐る), go sour(酸っぱくなる), go blank(真っ白になる), go bankrupt(破産する) など

・come true(実現する),come  alive(元気になる),come good(上手くいく) など

 

「come true」は頻出の英語表現だったので、すでに知っていたかもしれませんが

go+形容詞 が悪い状態になる、come+形容詞 が良い状態になるということも知っておくといいですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

自動詞としてよく知られている「go」と「come」でしたが、

後ろに形容詞を用いて第2文型を取ることもできました。

この動詞は2つとも「~になる」という意味でしたが違いがありました。

go    ➝ (悪い状態)になる

come  ➝ (良い状態)になる

これらの違いをしっかり覚えて、少しでも受験で点数が取れるようにコツコツ頑張っていきましょう!

 

新着記事

-英語
-,

© 2021 Bla Blarning