英語

「until」と「by」の使い分け ~イメージをつかもう~

  1. HOME >
  2. 英語 >

「until」と「by」の使い分け ~イメージをつかもう~

「until」と「by」の使い分け ~イメージをつかもう~

 

こんにちは

「until」と「by」は「~まで(に)」と訳されるため、使い分けが分からないという方も少なくないと思います。

日本語訳で考えると同じように見えるものでも、英語での使い方は異なってきます。

今回は「until」と「by」の違いを初めに説明した後、例文を見て使い方を理解していってもらおうと思います。

 

1.「until」と「by」の違い

「until」と「by」は日本語訳では、「~まで(に)」と訳されます。

そのため、混同してしまうことも少なくありません。

しかし、一度それぞれの英語での使い方をイメージで理解しておくことで使い分けができるようになります。

 

2つの違いは

until  ➝ 継続「~まで(ずっと)」

by   ➝ 期限「~までに」

 

2.「until」を用いる例文

先程、「until」は継続を意味すると説明しました。

まだ、今の段階ではよくわからないと思いますので、例文を見て使い方を理解していきましょう。

 

I'll be here until six o'clock.               (私は6時までここにいます)

一度、日本語訳を見て、「期限」or「継続 」のどちらに当てはまるか考えてみてください。

 

そうすると、6時まで(ずっと)同じ場所に留まっておくということが分かるので、

期限を表す「by」ではなく、継続を表す「until」が使われます。

 

仮に「until」ではなく、「by」を使うとすると、意味が大きく異なってきます。

「by」は期限を表すので、

私は6時までここにいます     ➝ 私は6時までにここに行きます

という意味になってしまいます。

 

3.「by」を用いる例文

先程、「by」は期限を表すと説明しました。

これも例文を見て、使い方を理解していきましょう。

 

I'll be back by six o'clock.    (私は6時までに戻ってきます。)

今回も日本語訳を見て、一度考えてみてください。

「期限」or「継続」のどちらに当てはまるか。

そうすると、6時までに戻ってくるという意味から、

期限を表す「by」が使われるのです

 

今回の文章で、「by」ではなく、「until」を使うと意味がおかしくなります。

なぜなら、” I’ll be back ” の「戻る」という意味は継続できないからです。

戻り続けるっておかしいですよね(笑)

このように「until」と一緒に使うと意味が通じなくなる動詞があるので、注意が必要です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

一見同じように見える「until」と「by」でしたが、意味がちがいました。

until  →  継続「〜まで(ずっと)」

by     →  期限「〜までに」

「until」と「by」の使い分けが分からなかった場合、「継続」を表すのか、「期限」を表すのか考えるようにしてみてください。

 

新着記事

-英語
-

© 2021 Bla Blarning