英語

「as long as」と「as far as 」の違い ~イメージをつかもう~

  1. HOME >
  2. 英語 >

「as long as」と「as far as 」の違い ~イメージをつかもう~

「as long as」と 「as far as」の違い ~イメージをつかもう~

 

こんにちは

みなさんは英語を勉強していると、「as long as」や「as far as」という表現を今までに聞いたことがあると思います。

この表現は2つとも「~する限り」と訳されるため、違いが分からないと悩んでいる人も少なくないでしょう。

しかし、実はこの表現にはある決定的な違いがあるのです!!

今回は、「as long as」と「as far as」の違いを知ってもらった上で、それぞれの使い方について触れていきたいと思います。

 

1.「as long as」と「as far as」の違い

最初に述べたように、この2つの表現は「~する限り」と同じ意味で訳されることが多いです。

初めに、この2つの表現の違いをイメージでつかんでいきましょう。

 

as long as ➝ 「時間的な範囲」を表す

as far as    ➝ 「空間的な範囲」を表す

 

「long」と「far」の意味の違いを考えてもらえると分かると思うのですが、

「long」は時間的な長さを表すのに対して、「far」は空間的な距離を表すので、上記のように2つの表現にはそれぞれ違いがあるのです。

 

2.「as long as」の意味と使い方

先程、「as long as」は時間的な範囲を表すと説明しました。

 

この意味から派生して、この表現には2つの意味があります。

①条件「~しさえすれば」

②時間「~する限り」

 

①の意味は条件なので、「as far as」との見分けがつくと思います。(ifと置き換えて考えると分かりやすいです)

②の「~する限り」という意味が「as far as」と混同しやすいので、例文を見て理解していきましょう。

 

 I'll love you as long as I live.       (生きている限り、あなたを愛しています。)

この日本語訳を見ると、「~する限り」と訳されているため、少しややこしいかもしれません。

では、一度この文章で使われている意味が「時間的な範囲」or「空間的な範囲」なのかを考えてみましょう。

そうすると、「生きている限り」という意味から前者の「時間的な範囲」が使われていることが分かると思います。

そのため、時間的な範囲を表す「as long as」が使われるのです。

 

3.「as far as」の意味と使い方

先程、「as far as」は空間的な範囲を表すと説明しました。

 

この意味は1つしかないので、簡単に覚えられると思います。

①空間「~する限り」

 

ちなみにこの「as far as」は「so far as」となることがあるので、覚えておくといいです。

例文を見て、この表現の使い方を理解していきましょう。

 

As far as I know, he doesn't cook.    (私の知る限りでは、彼は料理をしない。)

この文章も「~する限り」と訳されているので、少しややこしいかもしれません。

では、先程と同じようにこの意味が「時間的な範囲」or「空間的な範囲」なのかを考えてみましょう。

そうすると、「私の知る限り」という意味から後者の「空間的な範囲」が使われていることが分かると思います。

そのため、空間的な範囲を表す「as far as」が使われるのです。

 

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。

一見同じように見える「as long as」と「as far as」でしたが、ある決定的な違いがありました。

as long as ➝ 「時間的な範囲」を表す

as far as    ➝ 「空間的な範囲」を表す

この2つの表現において、どちらを使えばいいか迷った場合、上記の考え方に照らして一度考えるようにしてみてください。

 

英語のおすすめ記事

【実は違う?!】willとbe going toの使い分け

動名詞と不定詞の使い分け方 ~イメージをつかもう~

 

新着記事

-英語
-

© 2021 Bla Blarning